健康イスラン(LOHAS 自然療法・漢方・東洋医学)

ごあんない
自然療法
身土不二
陰陽論
正気
正寝
正食
正動
デトックス
素肌美
会社概要
会員専用

陰陽正動

あなたが体型をあきらめた時。

見た目へのこだわりが薄れてしまい、「運動は嫌」、 「食べたいだけ食べる」などの意識が強くなってしまいます。

陰陽正動


それでなくても、加齢とともに運動する機会は減っていくもの。
動かなければ当然筋肉は衰えてしまい、 安静時でも行われるエネルギー消費、基礎代謝は低下。食べ過ぎによる余分なエネルギーは、脂肪となり老けた体系へと変化してしまいます。

 筋肉が衰えると、
  • 筋肉には、全身の血液を心臓に送り返すポンプ作用がありますが、衰えると血液が滞り、
    冷え性やコリの原因にもなり、場合によっては、血栓ができやすく、命を危険にさらすことにも繋がります。

  • 僧坊筋が表情筋を引っ張れなくなり、目尻や口角が下がって老け顔になってしまいます。
    筋肉の緊張と弛緩はフエィスニング(表情筋の活性)につながります。

  • 筋肉(陽)が内臓(陰)を支えきれずに、内臓が下垂するとポッコリお腹になり内臓の重みで
    骨盤や骨格まで歪んでしまいます。
    骨格の歪みは、神経を圧迫して痛みが出たり、神経が分布する内臓までもが不調になってしまいます。
そこで、衰えた筋肉は、ゆっくり伸ばして緩めてやりましょう。

筋肉を緩めると、血管も広がり血液循環が良好になり基礎代謝が上がることで体調が良くなります。
これにより動作や振る舞いがキビキビして、日常生活での活動でエネルギー消費が増える好循環が生まれます。

さらに、骨盤を正しい位置にセットすれば、骨盤で不即不離の上半身(陽)下半身(陰)の連動が良くなって、大腰筋やハムストリングの働きが高まり自然に歩幅が長くなり基礎代謝が高まります。
姿勢は徐々に良くなり、滞りなく「気血水」の循環が回復し、若々しさが甦るのです。

骨盤体操はこちら

ホルセラン